利用規約

第1条(会員規約)

  1. この会員規約は、株式会社ビデックス(以下「運営者」といいます。)が運営する映像配信サイト(以下「本サービス」といいます。)の利用を行う会員に適用されます。
  2. 本サービスには、「ソクミル」と「ビデックスJP」があります。
    • ソクミル //megascience.ru
    • ビデックスJP />
  3. 運営者は、会員規約の他に、個別の本サービスごとに規約(以下「個別規約」といいます。)を定めることがあります。会員規約と個別規約の定めが異なる場合、個別規約の定めが優先して適用されるものとします。
  4. 個別規約は別段の定めがある場合を除き、会員規約の一部を構成するものとし、これらを合わせて会員規約とします。なお、会員規約は、民法548条の2が定める定型約款に該当します。
  5. 会員は、会員規約に同意の上、本サービスを利用するものとします。

第2条(会員)

  1. 会員とは、本サービスへのユーザ登録を行い運営者が承認した者をいい、ユーザ登録は本規約にご同意頂き、所定の手続きを経てなされるものとします。
  2. 会員はユーザ登録を完了された時点で、本会員規約の内容を承諾しているものとみなされます。
  3. 楽天会員IDにて本サービスにログインを行い本サービスを利用した場合、第1項が定義する所定の手続きを経た会員となり本サービスの利用については本会員規約が適用されます。当該会員は本会員規約の内容を了承しているものとみなされます。

第3条(規約の変更)

  1. 運営者は、民法第548条の4の規定に基づき、運営者の裁量により利用規約を変更することができます。変更後の利用規約の効力発生日以降に会員が本サービスを利用したときは、会員は、利用規約の変更に同意したものとみなします。
  2. 運営者は前項による利用規約の変更にあたり、変更後の利用規約の効力発生日が到達するまでに、ウェブサイトへの掲示により周知します。

第4条(変更届け)

  1. 会員は、連絡先、その他運営者への届出内容に変更があった場合には、速やかに運営者に所定の方法で変更の届出をするものとします。なお、婚姻による姓の変更等運営者が承認した場合を除き、運営者に届け出た氏名を変更することはできないものとします。
  2. 前項届出がなかったことで会員が不利益を被ったとしても、運営者は一切その責任を負いません。

第5条(会員からの解約)

会員が本サービスの利用を解約する場合は、所定の方法にて運営者に届け出るものとします。

第6条(譲渡禁止)

会員は、会員として有する権利を第三者に譲渡することはできないものとします。

第7条(設備等自己責任)

会員は、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての機器を、自己の費用と責任において準備し、本サイトが利用可能な状態に置くものとします。また、自己の費用と責任で、任意の電気通信事業者のインターネット接続サービスを経由して本サービスに接続するものとします。

第8条(自己責任の原則)

  1. 会員は、自己のIDにより本サービスを利用してなされた一切の行為およびその結果について、当該行為を自己がしたか否かを問わず、その責任を負います。運営者は当該行為およびその結果により会員が損害、被害を被った場合といえども、何らの責任を負うものではありません。
  2. 会員の本サービスにおける各コンテンツの利用、購入にあたり、生じたいかなる損害に関しましても、運営者は一切その賠償の責を負うものではありません。各コンテンツに関する問い合わせまたは要望については、各コンテンツの提供者に対して行って頂くものとします。
  3. 会員は、他の者の行為に対する要望、問い合わせもしくはクレームがある場合は、当該他の者に対し、直接その旨を通知するものとし、その結果については、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
  4. 会員は、本サービスの利用により運営者または他の者に対して損害を与えた場合(会員が、この会員規約上の義務を履行しないことにより他の者または運営者が損害を被った場合を含みます。)、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。
  5. 会員は本サービスで成人を対象にした表現のあるページ、コンテンツを運営者が販売することを承諾する。
  6. 18歳未満の会員は本サービスのなかで18歳未満の方のアクセス、閲覧、利用を禁じられているコンテンツの購入はできないことを承諾する。
  7. 会員が18歳以上であっても、会員の使用するコンピュータまたはデバイスが18歳未満の他の者が利用可能な状態にあり、18歳未満の利用が禁止されているページ・コンテンツへのアクセス、利用、閲覧、購入があった場合、運営者はこれの責を負わず会員の自己の責任をもってこれを解決することを承諾するものとします。

第9条(サービスの利用料)

各コンテンツの利用、購入にあたる料金、算定方法等は、運営者または各コンテンツ提供者が別途定める通りとします。

第10条(決済手段)

会員は利用料その他の債務を会員ごとに運営者が承認した以下のいずれかの方法で履行するものとします。

  1. 運営者が承認したクレジットカード会社の発行するクレジットカードまたはサービスプロバイダーの提供する課金サービス等により、当該クレジットカード会社、サービスプロバイダー(以下併せてクレジットカード会社等という)の規約にもとづき支払う方法。ただし、この場合、カード、課金の名義とサービスの決済者名義が当該会員名義であることを条件とします。
  2. その他運営者が別途認める方法による支払

第11条(決済)

  1. 運営者は毎月末日をもって当該月に各IDについて発生した利用料その他の債務の額を締めこれを集計します。
  2. 運営者は前項に基づき算出された金額およびこれにかかる消費税相当額等を、各会員の決済手段に従ってクレジットカード会社等にそれぞれ請求するものとします。
  3. 会員は各自の決済手段により、クレジットカード会社等で別途定める支払条件に従い、支払を行うものとします。
  4. 会員と当該クレジットカード会社等の間で料金その他の債務を巡って紛争が発生した場合、当該当事者間で解決するものとし、運営者は一切の責任を負わないものとします。

第12条(延滞利息)

  1. 会員は、運営者に対する金銭債務の履行を怠った場合、支払い期日の翌日から起算して完済の日まで年14.5%の割合で算出した延滞利息を、 運営者が指定した日までに指定する方法で運営者に対し支払うものとします。
  2. 前項支払に必要な振り込み手数料その他の費用は、全て当該会員の負担とします。

第13条(パスワード管理)

  1. 会員は、本サービス利用に際し付与された自己のIDおよびパスワードを、他の者に使用させず、他の者と共有あるいは他の者に許諾しないとともに、自己のIDおよびパスワードの使用および管理について一切の責任を持つものとします。運営者は、会員のIDおよびパスワードが他の者に使用されたことによって当該会員が被った損害については、当該会員の故意過失の有無にかかわらず一切責任を負いません。
  2. 会員は、自己の設定したパスワードを失念した場合は直ちに運営者に申し出るものとし、運営者の指示に従うものとします。また、当該IDおよびパスワードによりなされた本サービスの利用は当該会員によりなされたものとし、これに関わる一切の責任を負うものとします。

第14条(著作権、商標等の私的利用限定)

  1. 本サービスに含まれるデータ、情報、文章、発言、ソフトウェア等一切の著作物に関する著作権は運営者またはコンテンツの提供者他著作権を有する第三者に帰属するものです。
  2. 会員は、これらを著作権法で認められた私的利用の範囲を超える複製のために利用することはできません。本サービスに含まれる一切の商標、サービスマーク、ロゴ等は運営者またはコンテンツの提供者他著作権を有する第三者の登録商標または商標です。会員はこれらを会員自らの利用以外の目的で無断に利用することはできません。
  3. 会員は、前2項に違反する行為を第三者にさせることはできません。

第15条(禁止事項)

会員は本サービスに関して以下の行為を行わないものとします。

  1. 運営者もしくは他の者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
  2. 他の者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
  3. 猥褻、児童ポルノまたは児童虐待に相当する画像、文書等を送信または表示する行為。
  4. 本サービスによりアクセス可能な運営者または他の者の情報を改ざん、消去する行為。
  5. 他の者になりすまして本サービスを利用する行為。
  6. 有害なコンピュータプログラム等を送信し、または他の者が受信可能な状態におく行為。
  7. 他の者に対し、無断で広告、宣伝、勧誘等の電子メールを送信する行為または嫌悪感を抱く、もしくはそのおそれのある電子メールを送信する行為。他の者のメール受信を妨害する行為。
  8. 連鎖的メール転送を依頼する行為および当該依頼に応じて転送する行為。
  9. 他の者の設備または本サービス用設備(運営者が本サービスを提供するために用意する通信設備、電子計算機、その他の機器およびソフトウェアをいい、以下同様とします。)に無権限でアクセスし、またはその利用もしくは運営に支障を与える行為(与えるおそれのある行為を含む)。
  10. 上記各号の他、法令、本会員規約または公序良俗に違反する行為、本サービスの運営を妨害する行為、運営者の信用を毀損し、または運営者の財産を侵害する行為、または他の者もしくは運営者に不利益を与える行為。
  11. 第1号ないし第9号のいずれかに該当する行為が閲覧することができるホームページ等へのリンクを張る行為

第16条(本サービスの一時中断)

  1. 運営者は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、会員に事前に通知することなく、一時的に本サービスを中断することがあります。
    1. 本サービス用設備等の保守を定期にまたは緊急に行う場合
    2. 火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合
    3. 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合
    4. 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合
    5. その他、運用上または技術上運営者が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合
  2. 運営者は、前項各号のいずれか、またはその他の事由により本サービスの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因する会員または他の者が被った損害について一切責任を負わないものとします。
  3. 運営者は、会員の了承なく本サービスにて提供するコンテンツを利用停止またはアクセス制限し、またコンテンツの内容を変更することがあります。その場合においても運営者は会員または他の者が被った損害について一切責任を負わないものとします。

第17条(サービスの変更、終了)

  1. 運営者は、会員との個別の合意なしに、本サービスの全部又は一部を変更(本サービスの内容、本サービスの仕様、本サービスの利用料及び本サービスで販売する商品価格の変更を含みます)、又は終了することができるものとします。
  2. 運営者は第1項の規定により本サービスの全部又は、重要な一部を変更、追加又は終了するときは、会員に対し、相当な期間前までにその旨を通知します。ただし、緊急又はやむを得ない場合はこの限りではありません。
    本サービスは、当該通知において運営者が定めた期間の満了により変更又は終了するものとします。
  3. 会員がデジタルコンテンツを構成するデータを自らの端末にダウンロードし複製物を保存した場合(以下「ダウンロード型」という。)には、契約終了までにダウンロードした複製物をサービスの変更、終了後によって利用できなくなる場合があり、会員はこれを了承するものとします。
  4. 会員が通信回線を通じてサーバーに接続している間のみコンテンツを利用できる(会員の端末にコンテンツの複製物が残らない)形態(以下「ストリーミング型」という)によってコンテンツを利用する場合には、本サービス内容の変更、終了によってコンテンツ利用ができなくなる場合があり、会員はこれを了承するものとします。
  5. 運営者は、第1項の規定により、本サービスの内容を変更し、終了する場合に、会員が損害を被ったとしても一切責任を負わないものとします。

第18条(契約上の地位の譲渡)

合併、分社化、事業譲渡その他の事由により、本サービスに関する権利又は義務が運営者から第三者に移転又は譲渡されたときは、会員は、かかる権利又は義務の移転又は譲渡に同意するものとする。

第19条(個人情報)

  1. 運営者は、会員の個人情報を、本サービスの運営(本サービス上で行うキャンペーン、およびお問い合わせ対応を含む)以外の目的のために利用しないものとします。ただし、以下の場合はこの限りではないものとします。
    1. 会員に対し、運営者およびコンテンツ提供者の広告宣伝のための電子メール等を送付する場合
    2. 会員から個人情報の利用に関する同意を求めるための電子メールを送付する場合
    3. 会員の同意を得た場合
  2. 運営者は、会員の個人情報を本サービスの運営(本サービス上で行うキャンペーン、およびお問い合わせ対応を含む)上必要な限度において、秘密保持契約を締結の上、本サービス運営システムの業務委託者またはコンテンツ提供者に提供することがあります。その他、以下の場合についても、必要な限度において会員の個人情報を第三者に提供することがあります。
    1. 公共の利益の保護又は公権力により開示を求められ法的に開示を拒めない場合
    2. 会員から同意を得た場合
  3. 運営者は、特段の事情がない限り、あらかじめ本人の同意を得ないで、会員の個人情報を第三者に提供しないものとします。
  4. 次に掲げる場合において当該個人情報の提供を受ける者は、前項およびプライバシーポリシーにいう「第三者」に該当しないものとします。
    1. 個人情報取扱事業者が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合
    2. 合併、分社化、事業譲渡その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
    3. 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的及び当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称について、あらかじめ、本人に通知し、又は本人が容易に知り得る状態に置いているとき。
  5. 運営者は、会員の個人情報の属性の集計、分析を行い、個人が識別、特定できないよう加工し、新規サービスの展開、およびその検討等のために利用し、または参考にすることがあります。また、運営者は、当該資料を、本サービス運営システムの業務委託者またはコンテンツ提供者に提供することがあります。運営者は、会員から自らの個人情報に対する確認の問い合わせを受けた場合、それに応じるものとします。その結果、個人情報に誤りが発見された場合には、会員は、その訂正または削除を求める事ができるものとします。

第20条(専属的合意管轄裁判所)

会員と運営者の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第21条(準拠法)

本会員規約に関する準拠法は、日本法とします。

第22条(免責)

  1. 運営者は、会員による本サービスの利用により生じた不利益、損害について一切の責任を負いません。
  2. 運営者は、会員が本サービスを利用できないことにより生じた不利益、損害について一切の責任を負いません。
  3. 本サービスに関する運営者と会員との間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、この免責規定は適用されません。
    この場合において会員に発生した損害が運営者の債務不履行又は不法行為に基づくときは、運営者は、会員が運営者に本サービス利用の対価として直近1ヶ月間に支払った金額を上限として損害賠償責任を負うものとします。ただし、運営者に故意又は重大な過失がある場合はこの限りではありません。

第23条(サービス利用制限)

  1. 運営者は、以下のいずれかに該当する場合、会員による本サービスの利用を制限することができるものとします。
    1. 会員のユーザーID及びパスワードが第三者に利用されている疑いがある場合
    2. 登録情報に虚偽の情報が含まれている疑いがある場合
    3. 対価等の支払いが遅延している場合又は支払の遅延が生じるおそれがある場合
    4. その他運営者が必要と判断した場合
  2. 前項の措置により会員に生じた損害について運営者は一切の責任を負わないものとします。

第24条(運営者による解除)

  1. 運営者は、会員が以下のいずれかに該当した場合、通知等を行わずに、会員登録を解除し、退会させることができるものとします。
    1. 対価等の支払いが遅延している場合
    2. 会員の信用状態が悪化し、対価等の支払いの継続が困難である場合
    3. クレジットカード会社等から不正な利用として報告される決済があった場合
    4. 会員の相続人等から会員が死亡した旨の連絡があった場合又は運営者が会員の死亡の事実を確認できた場合
    5. 破産手続開始、民事再生手続開始の申立てがあった場合
    6. その他運営者が不適当と判断した場合
  2. 前項の措置により会員に生じた損害について運営者は一切の責任を負わないものとします。

第25条(外部サービスとの連携)

  1. 会員は、第三者が運営するサービス(運営者が指定するサービスであり、以下「外部サービス」といいます。また、外部サービスを運営する会社を、以下「外部サービス運営会社」といいます。)において会員が作成したアカウントを利用して、第2条に定める会員の登録を行うことができます。当該会員登録は、運営者が定める手順による手続(以下「連携手続」といいます。)により行うことが可能です。
  2. 会員は、連携手続を行うにあたり、外部サービスに登録された会員に関する情報(以下「外部サービス情報」といいます。)を運営者が取得し、会員登録の際に表示することを承諾するものとします。
  3. 運営者は、取得した外部サービス情報に含まれる個人情報を、運営者が定めるプライバシーポリシーに従い取り扱います。
  4. 外部サービスへのアカウントの登録・利用(書き込み内容及び投稿などの行為を含みます。)について、会員は、外部サービス運営会社が定める各規約に従うものとします。
  5. 会員は、外部サービスにおけるアカウントの登録・管理などを自己の責任において行うものとします。
  6. 会員の外部サービスアカウント及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用などにより、会員または第三者に損害が生じたとしても、その責任は会員が負うものとし、運営者は一切責任を負いません。また、かかる事由により、運営者が損害を負った場合には、会員はその一切の責任を負い、運営者が被った一切の損害を賠償するものとします。
  7. 外部サービスを利用する場合、会員は、自己の責任において当該サービスを利用するものとし、運営者は、当該サービスを利用したことにより生じた損害、当該サービスの運営者・会員などとの間に生じたトラブルその他の当該サービスに関連する一切の事項について何らの責任も負わないものとします。

2005年 2月 1日  施行
2016年 3月14日  改定
2020年 7月15日  改定